組合のあゆみ

年月日 あゆみ
明治33年 9月21日 「京都麺類商組合」設立初代組合長 植田安兵衛氏(河道屋麺房)
昭和23年 1年17月 「京都製麺商工業協同組合」設立 初代理事会長 富田保治氏(富田家)就任
昭和24年 2月 前事務所焼失のため、中京区西ノ京職司町2-1より現在地に事務所移転
昭和32年 6月3日 京都製麺卸協同組合に改称、初代理事長 萩沢為氏(川安製麺所)就任
昭和33年 9月12日 第2代理事長 垣田正一氏就任
昭和36年 10月10日 第2回 全国製麺協同組合全国大会 新築の京都会館にて開催、1200名参加
昭和38年 5月1日 全国製麺協同組合連合会 発足
昭和42年 5月29日 組織拡大のため、定款変更し、「京都府製麺卸協同組合」に改称 組合員数府下128名に拡大
昭和45年 --- 増資により、 製麺会館改築と敷地整備による貸し駐車場を拡大して、資産の有効活用を図る
昭和61年 5月 第3代理事長 今西 博三氏就任
平成元年 9月23日 第1回彼岸そば普及啓蒙活動 市中有名百貨店にて そば 2,500食無料配布
平成4年 5月 第4代理事長 加藤 淳一氏就任
平成8年 3月9日 京都市主催「第3回京都シティーハーフマラソン」協賛開始、以降毎年ランナ-に「天ぷらそば」を無償提供
平成9年 7月 第5代理事長 奥野 龍一氏(現理事長)就任
平成10年 6月23日~ 第39回全国製麺業者京都大会開催 「めんのふるさと京都 古都の風情を満喫!!」
6月23~25日 国立京都国際会館・京都宝ヶ池プリンスホテルにて開催
平成11年 11月11日 第1回「めんの日」組合会館前広場にて、麺に関するクイズ出題、手打ちうどんコンテスト等開催
めん製品の無料配布や、うどんの無料接待等を行う
平成17年 1月6日~ 第1回京ブランド認定食品発表会(初売り会)大丸京都店にて開催 当組合11社展示販売参加
平成17年 1月12日~1月13日 平成16年度学校給食生うどん納入開始 京都市立小学校全校 175校 75,000食納入
平成19年 2月10日~12日 「京の食文化を楽しむ・・・春への誘い・・インスピレーションは源氏物語より」京都府 食産協 共催
京都文化博物館にて「春の祭り」と題して、京の春を告げる十の祭りを食品や関連装飾品にて表現
当組合は、城南宮の祭「曲水の宴」の庭園をジオラマで再現、川の流れを梅うどんを使い表現しました。 
平成19年 4月21日 京都府製麺卸協同組合 組合創立50周年記念式典、料亭 ちもと、にて開催
平成19年 8月19日~ 第1回京ブランド認定食品発表会(初売り会)大丸京都店にて開催 当組合11社展示販売参加